読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅんちゃん's Blog

怠惰な学生の多忙な日常

クロスバイクにサスペンションは必要なのか?

こんにちは、しゅんちゃんです

 

最近、ちょっと暖かくなってきたので自転車に乗って海や山に行っています

やはり自転車に乗るというのはとても楽しいですねw

 

 

 

さて、今日はタイトルにも書いてある通りクロスバイクのサスペンションは必要なのかということについて話を進めていこうと思います

 

サスペンションとは

自動車やバイクに乗る人なら必ずお世話になっているサスペンション

サスペンションとは簡単に言えば衝撃を吸収するものだと思ってくれればいいです

 

f:id:hotate32:20170305194544j:plain

これがサスペンションですね

これは、前輪が地面から受けた衝撃をフロントフォークが吸収する仕組みになっています

 

f:id:hotate32:20170305194913j:plain

逆にサスペンションが付いていない自転車もありますよね

主にシティサイクルロードバイクなどがそうです

 

このようなフォークをリジットフォークといいます

 

また、マウンテンバイクなどオフロードを走る自転車は前後輪にサスペンションが付いているものもあります

 

サスペンションがあると何がいいの?

サスペンションは衝撃を吸収してくれるので、ちょっとの段差ならリジットフォークの自転車よりも楽に越えられます

 

また、自転車は軽いので段差を越えるときに前輪が飛び跳ねてしまうことがあります

しかし、サスペンションがあれば車輪を地面に押さえつけてくれるんです

タイヤというのは地面と接していない限りタイヤの役目を果たしません

 

つまり、オフロードで効果を発揮するんです

f:id:hotate32:20170305200613p:plain

リジットフォークの自転車が段差を乗り越える時、赤色の矢印のような力が加わります

(力の向きや強さはあくまでもイメージです)

 

この状態で段差を乗り越えるとどうなるでしょうか

f:id:hotate32:20170305200833p:plain

極端な話、こうなりますねw

 

では、サスペンション付きの自転車ならどうでしょうか

f:id:hotate32:20170305200949p:plain

サスペンション付きの自転車も同じくこのような力が加わります

 

しかし…

f:id:hotate32:20170305201106p:plain

サスペンションが、段差を乗り越えるときに縮んだ分をもどそうとしてタイヤを押し下げようとする力(画像では青矢印)が発生します

すると、タイヤは地面に乗ったままグリップを発揮できるというワケなんですね

 

サスペンションのデメリット

しかし、サスペンションにもデメリットはあります

 

 

みなさんが自転車を漕いでいる時を想像してみてください

ペダルに下方向の力を加えた時、手がハンドルを上に引っ張っていると思います

 

実は、サスペンションつきの自転車は手がハンドルを引っ張る力も吸い取ってしまっているんです

引っ張る力を吸収されればペダルを漕ぐ力も吸収されてしまうので結局そこで力のロスが発生してしまうワケです

 

乗り手がサドルに座った瞬間にサスペンションは縮みますが、ハンドルに手をかければさらに縮みます

この縮んだ分が、上に引っ張る力を吸収しているんです

 

結局、サスペンションは必要なの?

本題に戻ります

 

 

先ほど、おおまかなメリットとデメリットを挙げました

(他にもいろいろあるんですが今回は割愛します)

 

結局、クロスバイクにサスペンションは必要なの?という話ですが、結論は人それぞれの好みだと思います

 

 

クロスバイクというのはスポーツバイクとしての乗り方がある一方、ファッションとして乗る人も少なからずいます

効率を求める世界での自転車はデメリットをなるべく削ぎ落としたシンプルで洗練された究極の一点に進んでいきます

 

しかし、ファッションの上での自転車は乗り手がそれぞれ自分好みの改造をし、多少のデメリットを受け入れることで成り立つものだと思います

サスペンションがかっこいいと思うからそれを付ける、サスペンションは疲れるから付けないといったように、他の改造も含めて多様な考え方ができるんです

 

確かにクロスバイク用のサスペンションはマウンテンバイク用のものより性能は劣ります

しかしファンションを求める以上、それが好きだ、付けたいと思う気持ちが大きければそのデメリットは世の中で認められなくても自分の中で容認されます

 

クロスバイクに乗る上でのサスペンションのあり方というのはこういうことなんじゃないかなと思います

 

 

 

今日はこのへんで

 

 

 

でーはっ!